ウクレレ初心者

初心者・中級者|レベル別のおすすめウクレレ教本と挫折しない練習方法とは?

2021年12月7日

大手ギターメーカーのFender社が調査した結果「初心者の90%が3か月から1年以内に挫折している」ことがわかりました。

これは一大事! 挫折せずウクレレの練習を続けるには、教材や練習方法を選ぶ必要がありそうです。

もちろんこれはギターの話なので、ウクレレはもう少し挫折率が低いかもしれません。しかし、ウクレレがうまくなりたい人も遠回りは禁物。

hide
でも大丈夫! やりかたはちゃんとあります。

この記事ではウクレレに挫折する理由と、挫折しない教本の選び方を考えていきます。また、中級レベルの人がステップアップする時におすすめの教則本も紹介しています。

初心者質問に答えてくれる人がいる場合のリンク
初心者質問できる人がいない場合のリンク
中級者中級からステップアップしたい人向けの教則本

わからない点を誰かに聞けるなら市販の本でOK

市販の教則本だけで完全に独学する、というのは難しいのですが、身の回りに「こういう場合はどうすればいいの?」と質問できる人がいれば何とかなります。

最近はウクレレを弾く人が増えているので、身近にウクレレ弾きの人がいるとしたら、完全独学に挑戦してみるのもよいと思います。

教則本の著者として有名なのは、いちむらまさきさん、キヨシ小林さん、中村たかしさん、IWAOさんなど。この章では初心者向けの書籍に定評があるいちむらまさきさんとキヨシ小林さんのウクレレ本を紹介します。

教則本でなく楽譜集の著者だと、富永寛之さん、勝誠二さん、カマテツさん、大橋英比個さん、Kyasさんなどもおすすめです!

説明がわかりやすい、いちむらまさきさんの本

いちむらまさきさんはギターもウクレレも演奏し、どちらの教則本も執筆している方です。中には高度な本もあるのですが、初心者向けの教本はとにかくやさしく、わかりやすく解説してくれています。

以下の1冊は大きめの文字で図や写真が豊富に使われていて、サラサラっと練習が進んでいきます。その分、高度なことは解説していませんが、最初の1冊ならわかりやすくておすすめです。

hide
楽器演奏がまったく初めてなら、この本はかなりいいです。

簡単なコードブックが巻末についているのもお得感があります。音源と弾き方を収録したDVDが附属します。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ウクレレ界の定番・キヨシ小林さんは安定のクオリティ

2005年から販売され続けている定番の名著「はじめよう!ウクレレ」には著者名が書かれていませんが、すべてキヨシ小林さんがアレンジした楽譜で、解説もキヨシ小林さん。教則本の中でもアレンジは最高クラスです。

中身が濃い分、練習すべきこともぎゅっと詰まっていて、すべてをこなすのは大変です。しかし、この本を1冊練習し終わった時、「上達したなぁ」と実感できるはずです。

hide
「楽器経験がある」という人にとくにおすすめします。

「亜麻色の髪の乙女」「涙そうそう」「風になる」「翼をください」「お嫁においで」など選曲もよく、最後はジャズ風の練習曲「ウクレレ・スゥイング」で練習を締めます。すべて練習し終わるのに、たっぷり半年から1年はかかると思います。

音源はCDが附属しています。

90%の人はなぜ挫折してしまったの?

米国のサイトSYNERGY FOR MUSICでは、楽器演奏のモチベーションが続かない理由を以下のように分析しています。

  • 間違った目標設定をしている
  • 次に何を練習すればいいかわからない
  • 弾きたい曲が弾けない(練習曲がよくない)

しかしそれ以上に大きな問題は、「困った時、教えてくれる人がいない」こと。完全に独学で、身近に教えてくれる先輩がいない場合、ちょっとした壁に突き当たっただけでも挫折の原因になってしまいます。

  • 困った時、教えてくれる人がいない

逆にいえば、楽器演奏を続けられる10%の人になるためには、以下の条件を揃えればいいということです。

上達する4つの条件

  • 正しい目標設定
  • 順序立てて練習する
  • 教材の選曲がいい
  • 不明点を誰かに相談できる

まったくの初心者がその条件を満たすとすれば、選択肢は2つに絞られます。

  1. ウクレレ教室に通う
  2. 通信講座で練習する

一長一短ありますが、最初のステップなら②の通信講座がおすすめです。それは、なぜでしょうか?

教室か通信講座か? 確実で安価なのは通信講座

4つの条件をクリアするには、市販の教本だけで独学するのではなく「誰かに教わることができる体勢作り」が大切でした。

そんな時、ウクレレ教室もよいのですが、現在講師の質がバラバラで必ずしも優秀な講師に教わることができないのが難点です。

なぜなら、ウクレレ講師は不足しており、資格も必要ないからです。ピアノ教室であればほとんどの場合、音大を出て専門教育を受けた先生が教えてくれます。

しかしウクレレ教室では、仕事帰りのサラリーマンが教えている例も普通に見られます(注1)。

そこで、まずは講師の質が担保されている、定評ある通信講座を選んでください。ほとんどの場合3~4か月で修了します。

信頼できる講師に基礎を3か月間教わると、ウクレレ講師を見極める目も育っています。その時点で教室への入会を検討するのが確実です。

しっかりした通信講座を修了した後であれば、教室に通うべきか、そこから先を独学で練習すべきかも、自分で判断できるようになっています。あえて教室に通わず、知りたい点だけをウクレレ・ワークショップなどで教わるという手もあります。

注1……有名な音楽教室でも「仕事帰りにできる、趣味をいかした副業」と銘打って、ウクレレ講師の募集広告を打っています。

頼れる人がいない完全独学ならDVD通信講座

現在開講している通信講座は、初心者が挫折せずに続けられるよう工夫されています。特に高品質でフォロー体制がしっかりした講座を選べば、以下の条件をすべて満たすことができます。

  • 正しい目標設定(カリキュラム)
  • 順序立てて練習し、ステップアップする
  • 選曲のいい教材を選ぶ
  • 困った時、すぐ誰かに相談できる

ほとんどの講座は専門の講師がしっかりした目標を設定し、カリキュラムを作ってくれています。その点で安心して練習を続けることができます。

またフォロー体制も組まれており、練習していてわからないことを質問できる講座もあります。この「質問できる」「教えてもらえる」という点を重視して通信講座を選べば、挫折せず続けられる確率がぐっと高まります。

一部「質問不可」の講座もあるので注意してください。

選曲は各講座で甲乙つけがたいラインナップ

どの通信講座でも練習曲には人気曲を選んでおり、共通する楽曲もたくさんあります。下の記事で調査した5つの講座のうち、4つの講座で「アロハ・オエ」を練習するほか、「アメイジング・グレース」「上を向いて歩こう」などが複数の講座に収録されています。

松任谷由実の楽曲は、曲目こそ違いますが、ほとんどの通信講座で採用されています。「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」「卒業写真」など、どれも魅力的な楽曲です。

今井愛彦先生の講座には「イージュー★ライダー」「スターライトパレード」などが含まれており、少しだけ選曲の雰囲気が違うと感じました。

おすすめDVD講座3つをリストアップ

ここでは上記の記事から一部を抜粋する形で、誰にでもすすめられるバランスのよいタイプのウクレレ講座3つをご紹介します。

古川先生の初心者講座

スーパーギタリスト古川忠義さんがつくったウクレレDVD講座。先生も還暦を迎えられた頃という事で、選曲はやや渋めですが「ルージュの伝言」「贈る言葉」などの人気曲で練習を進めます。誰でも知っている曲なので、スムーズに練習できるはずです。

また、教え方が非常にていねいで、疑問点を残さないように解説してくれます。重要なポイントはレッスンの度に複数回念を押してくれるなど、音楽が苦手だった人もしっかりついて行ける内容です。

そして、最大のメリットは「メールとLINEで質問し放題」な点。古川先生から数日ごとに届くメールに返信すると疑問点に答えてもらえるほか、LINEでの質問も可能です。

この講座の最大の価値は「質問しやすい」点。価格は32,780円(税込)ですが、このフォロー体制にはそれ以上の価値があります。

確実にうまくなりたい。ウクレレが弾けるようになりたい、という人におすすめします。

ギター経験者には丁寧すぎて「もっと速く進んでほしいな」と思う可能性大。初心者が確実にステップアップするための教材です。

この講座のすごいところは3か月のレッスン期間が終了しても質問・サポートに対応してもらえる点。身の回りに教えてくれる先輩がいない人にとって、これほど心強いことはありません。

今井愛彦先生のウクレレコミュニケーター講座

最終的にウクレレインストラクターを目指す人の、最初の一歩となる講座。といっても堅苦しく考える必要はなく、現役バリバリのミュージシャンでもある今井さんの選曲&アレンジの譜面で楽しく練習すれば、それだけで十分うまくなれます。

講師の今井愛彦さん

講師の今井さんのウクレレワークショップに参加したことがありますが、とにかく教え方が上手で引き出しがたくさんある方でした。

またこの講座の最大のポイントは、質問メールを送ると今井さん本人が回答してくれること。教え方がすごく上手な先生なので、直説返信がもらえるのは大きいです。

3月24日まで、LINEの友達登録をすると3%割引きのキャンペーン中。上記の講座を申し込む時は、忘れずに割引きクーポンを手に入れてください。リンクをクリックして出た画面を少しスクロールすると、クーポンの入手方法が書かれています。

とにかく安いゲインミュージックの講座

CD付き講座ですが、とにかく安いです。4か月のコースが一括払いだと8,228円(税込)と激安です。講師はギタリストの浦田泰宏さん。ウクレレの実力は定かではありませんが、ギターの記事や採譜では有名な方です。

フォロー態勢があまり整っていないため「だったら市販の教則本でもよいのでは……」という気がしないでもないのですが、とにかく最安のウクレレ入門講座を探しているならここしかないでしょう。

「スワニー河」「イマジン」「デイドリーム・ビリーバー」などの選曲もいいと思います。

ウクレレ通信講座について、くわしくは別記事で!

ここで紹介した3つの講座をはじめ、入手可能な6講座を詳しく紹介した別記事もあります。見てすぐ弾ける独創的なラダー譜を使用した、津村泰彦さんの講座も掲載しています。

中上級者向けのおすすめ教則本

中上級レベルの楽譜本はたくさんありますが、教則本となると非常に数が限られています。また、すぐ絶版になるので手に入らないという問題も……。ここでは中古でも比較的豊富に流通しているタイトルを含めてピックアップしました。

キヨシ小林さんの「ウクレレ・メソッド」

キヨシ小林さんの「ウクレレ・メソッド」はサブタイトルに「各指のための効果的トレーニング・ブック」とある通り、左手指の基礎練を徹底解説した一冊です。

「これを全部やるのか」と思うと気が遠くなりますが、そうではなく、今の自分に必要なトレーニングを少しずつ続けるのがおすすめ。長年付き合うつもりでコツコツ続けていくと、知らない間に演奏がスムーズになっていきます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

2007年初版ですが現在でも新品が入手できる、息の長いタイトルです。

中村たかしさんの「誰かに聴かせたくなるウクレレ奏法」

これも名著だと思うのですが、残念ながら絶版で、中古でしか手に入りません(Amazonなどで買えます)。レベル的にはキヨシ小林さんの「ウクレレ・メソッド」よりも高度な内容で、「残響を残す」「語りかけるような演奏」などのコツを解説してくれます。

また、ハワイアン、ジャカソロ、スゥイング、ボサノバなどテーマごとの解説ページもあり、やりたい音楽ジャンルが決まっている人にもおすすめです。中村さんが作曲した美しい練習曲も魅力です。

中古ながらプレミア価格となっており、高いのが難点です。安くて6000円くらい、高いショップでは3万円以上で売られています。

IWAOさんの「究極のウクレレ練習帳」

こちらも絶版ですが、なぜか中古が安くてお買い得感満載。内容的にはキヨシ小林さんと中村たかしさんの本のいいとこ取り的な感じです。ただ、いいとこ取り=中途半端感も否めず「一生使い込みたい!」とまでは言えません。

とはいえ、中級者が左手と右手の基礎練をしたい! という場合はしっかりおすすめできる内容です。ギタリストならみんなやってるクロマチック・トレーニングや、ハンマリングオン・プリングオフの鍛錬フレーズなどなど、基本テクニックのマスターに適しています。

送料込みでも1000円以下で買える事が多いのが魅力! コスパ高いです。

  • この記事を書いた人

hide

なみのおと音楽教室を運営するアップライト合同会社のすちゃだら社長。高校の部活(ビッグバンドジャズ)でギターを始め、その後ウクレレに持ち替えました。記事監修はピアノ講師・のりこ先生にお願いしました。

-ウクレレ初心者