独学でも続けられる、いくつもの工夫。古川忠義先生のおすすめウクレレDVD教材

古川忠義先生が作ったウクレレDVD講座

スーパーギタリストの古川さんが、なんで初心者向け講座を?

そう思いつつこの教材を手に取った時、内容の濃さに衝撃を受けました。

古川先生は多くの生徒さんを抱える、ウクレレの先生でもあったのです。それは僕が知らない古川忠義の顔でしたが、何か熱いものが伝わってきました。

この教材は、

  1. 音楽経験が全くない
  2. 自信がないけど教室に行かずに練習したい
  3. 違う教材で練習したけど挫折してしまった

そんな人にこそ、手に取ってもらいたいと感じます。

参考初心者向けDVD講座……確実に上達できる内容です

この教材で基本的なソロ弾きまでマスターした時、あなたは「次に何を弾こう!?」とワクワクしているはずです。

誰も落ちこぼれさせない、手厚いフォロー

必ず上達させるていねいな指導

この教材を試しに取り寄せてみて、わかったことがあります。

数多くの初心者を指導した経験から、古川先生は「誰一人落ちこぼれさせない」という非常にていねいな教材を作り上げたということ。

僕たちアマチュア演奏家が初心者に教えられることとは、まったく違う水準で制作されていました。

経験からわかる「ここでつまずく」ポイント

初級技術を本当に丁寧に解説する姿勢には驚かされました。たとえば弦の押さえ方も、僕たちが思いつかない点をしっかり指摘しています。

フレットを押さえると音が出ない

「このようにフレットの上を押さえてしまうと音が鳴りませんよ」と、教材の中で2回も指摘しています。

それは指導経験のない僕には思いつかなかった事ですが、言われてみれば初心者でフレットの金属部分を押さえてしまう人は確かにいます。

正しくはフレット間を押さえる

古川先生は経験から「そこを指摘しておかないといけない」とちゃんとわかっているんだなと思います。

hide
しかも押さえる場所にオリジナルの名前まで付けて「ここが重要ポイントだよ」と伝えてくれます。

ほかにも「そこでつまずく」という点をがっちり指摘しているので、音楽経験がない人でも安心して練習に専念できます。

むしろ音楽に自信がない人にこそ、試してみてほしい教材です。

参考初心者向けウクレレ講座……サンプル動画も見てみてください

練習を始めた日から古川先生のメールが届く

もうひとつのポイントは、教材が届いて練習し始めたその日からメールが届くこと。メールには古川先生のメッセージやアドバイスが書かれています。

メールに返信すると疑問点に答えてもらえる!

たったひとり、それも経験のない楽器の練習をしていると、どうしても三日坊主になりがちです。うまくいかないと自信もなくなり悪循環に陥ることも……。

そんな時、僕からみたら神様のようなスーパーギタリストから励ましのメールが届く。しかもメールに返信したら、古川先生がちゃんと目を通していて返信も届く。

それは、ちょっと感動的でした。

hide
仲間や先輩がいない楽器練習は続かないものです。古川先生はそれを知っているからメールを送ってくれるのかな? と思います。

これはすごい。LINEで質問すると回答が!

LINEで気軽に質問できるのがうれしい

もうひとつすごいのは、送られてきたQRコードを読み込むとLINEで友達登録できること。

公式アカウントに「ウクレレの弾き方でここがわからない」と質問すると、きちんと疑問に答えてくれます。

hide
不明点を誰かに聞ける、というのは楽器の練習が続く条件のひとつです。

これも「誰も落ちこぼれさせず、必ず最後まで弾かせる!」という想いの延長線上にあるものだと思います。

初心者にとっていちばん大事なのは「誰かに聞ける」という環境です。そして、その環境をちゃんと用意した教材はめったに見つかりません。

LINEでも不明点を教えてもらえる!

いろんな方法で質問できるので、教室に通う必要性は薄いといえそうです。

hide
僕は高校時代にビッグバンド・ジャズの部活でギターを始めました。

だからシャッフルのリズムや難しいコードの押さえ方などを、先輩に質問することができました。

先輩たちがいたからギターやウクレレを続けられたんだな、と思います。

この教材でウクレレの練習を始めるあなたにも、質問に答えてくれる先輩がいるわけです。これ、かなりすごいですよ。お値段以上だと思います。

最後はソロ弾きを3曲マスターし初心者を卒業

この教材は練習しているうちに自然と高度な楽曲にステップアップしていきます。独学との違いは、最短距離でうまくなる工夫があること。

DVDの第2弾では「ルージュの伝言」「翼をください」「贈る言葉」という、仲間内のミニコンサートで使えそうな楽曲をマスターします。

さらに第3弾では、シンプルなのにかっこいい古川アレンジのソロ曲を3つマスターします。

ここまで来れば初心者卒業です。そして、次に弾きたい曲がたくさん出てきているはず。このサイトで公開していくさまざまな楽譜も、自由自在に演奏することができます。

独学と教室レッスンのイイトコドリ

でもウクレレを独学でマスターすることはできないのでしょうか? 僕はできると思います。ただ、レッスンを受けると効率よく学ぶことができる点が違うだけです。

いってみれば高速道路を飛ばしていくのか、一般道をのんびり走るのかという違い。古川先生のDVD講座なら、ここまで見てきたように教室レッスンに匹敵するフォロー態勢が用意されているので、最短で演奏技術を身につけることができます。

一方、独学のメリットは「お金がかからない!」という点です。しかし、実は間違ったウクレレ選びをしてしまったり、いろんなテキストを試してみたりするうちに、思ったよりお金がかかっていることもあります。

独学 教室 古川先生の講座
費用 ほぼかからない 75,900円 32,780円
指導方針 なし あり あり
不明点の質問 できない できる できる
一人一人にあった指導 なし あり なし
繰り返し視聴 ーー できない できる
hide
独学で自分に向いていない楽器を買ってしまい、買い直すとしたら、そのお金でレッスンを受けられるかもしれません。

教室を選ぶメリットとDVD教材を選ぶメリット

教室のメリットは、指導案に従ったレッスンを受けられて、疑問点を質問できること。古川先生のDVDレッスンと同じ回数(21回)であれば、1年くらいで受講し終わりますから、価格は税込75,900円くらいです(注1)。

古川先生のレッスンであれば、同等の内容で価格は税込32,780円。教室レッスンと比べたデメリットは、個々の生徒にあわせたレッスンまではできない点です。

その代わり、DVDですから理解できるまで何度でも視聴することができます。

ウクレレ教室 古川先生の講座
費用 75,900円 32,780円
指導方針 あり あり
不明点の質問 できる できる
一人一人にあった指導 あり なし
繰り返し視聴 できない できる

メリットとデメリットを考えると、どちらがいいと断言できません。結局、何を求めるかの違いで選択するのがよいと思います。

とはいえ古川先生のレッスンは、価格で考えると教室レッスンの半額以下です。交通費もかかりませんし、風邪を引いて休んでしまいレッスン代をムダにする……という心配もありません。

合理的にいえば古川先生のレッスンが効率的です。とくにチャットで質問できるというのはすごく大きいです。

初心者のうちは、何が不明点かわからないくらい、不明点だらけです。メールやチャットのコミュニケーションで解決できるというのは、ヘタに教室に通うより役に立つかもしれません。

参考初心者向けウクレレ講座……詳しい解説ページにジャンプ

チャットだと教室の先生に聞けないことまで聞けてしまうので、初心者さんにぴったりじゃないかと思います。

注1……1か月2回のレッスンで月謝6,000円(税別)とした場合。実際には入会金や諸費用がかかるので、もっと高くなることが多いです。

ウクレレ教室ならではのデメリット

もうひとつ、ウクレレ教室については心配な点があります。

たとえばピアノ教室なら、講師は音大を出て、しっかり勉強してきた人ばかりです。しかしウクレレ教室の場合、音大を出た先生が教えてくれるとは限りません。

ちょっとウクレレがうまいくらいの人が、教室の講師をしている例もあります。

ウクレレ教室は融通がきく反面、講師の質は保証されないというデメリットがある点は気になります。

ウクレレ教室 古川先生DVD
講師のレベル バラバラ 安定している
基礎が身につく? 講師による 身につく
好みの曲を弾ける? 可能性あり できない

特に基礎をマスターすべき初心者の場合、しっかりしたDVD教材を選ぶメリットが大きいといえます。

  1. まだ講師の質が判断できない
  2. 基本技術を間違って覚えてしまうと将来上達しない

このあたりを考えると、基礎をマスターする段階では講師と教材の質に間違いのない古川先生のDVD講座で勉強して、しっかり技術を身につけるべきでしょう。

ある程度弾けるようになってから町のウクレレ教室をのぞいてみてはどうでしょう? その頃になれば講師の質が判断できるので、自信を持って教室選びができるはずです。

参考初心者向けウクレレ講座……詳しくはこのページで

本当はすごい古川忠義先生の演奏

たぶんこの教材でウクレレをはじめた人は「古川先生といえば、ウクレレを教えるのがじょうずな、やさしいおじさん」と思っていますよね?

でも僕が知っている古川忠義という人は、天才的な演奏テクニックをもつスーパーギタリストです。

上記は古川先生のYouTubeチャンネルの映像。古川アレンジのパイプラインは昔から有名です。

古川先生はギター教室を経営していたお父さんの影響で、小さいころからウクレレを弾き始め、10代半ばには人前で演奏をはじめた……という経歴だそうです。ピアノも弾けるし、高校と大学ではコントラバスを専攻。その後ギターに回帰し、スタジオやバンドで活躍してきました。

アルバムはそれほど多く出していませんが、コンサートは精力的に開催し、YouTubeでも卓越したテクニックを絶賛する声が寄せられています。

ウクレレ教室でも多数の生徒を指導し、多くの初心者の悩みを解決してきました。

このDVD教材にも、豊富な指導経験から得られたノウハウが、無数にフィードバックされています。

古川先生はどんな楽器を使っているの?

ASTURIASギター公式サイトより

ところで、古川先生が普段使っているギターやウクレレメーカー、気になりませんか? たぶんステージではASTURIASギターのエレアコを多用していると思います。

参考アストリアスギター……日本を代表する弦楽器メーカー(公式)

もし古川先生の指導でウクレレをはじめるとしたら、うまくなって2本目のウクレレを買うときに、ASTURIASを検討してみるのも楽しいですよ。

このASTURIASギターのSOLOというウクレレは、僕が今使っているFUJIGEN FUS-TCを買うときに最後まで迷った1本です。FUJIGENもASTURIASも国産の弦楽器メーカーとしてはトップレベルの技術をもっています。

ASTURIASギターが唯一ラインナップするSOLOウクレレは、試奏してみると「めちゃくちゃ個性的なウクレレだな」ということがわかります。まるでハープのように透き通った音で、ただひたすらソロを弾くために作られた楽器です。

ジャンルでいえばクラシックや、ジェイク・シマブクロがアレンジしたポピュラー系のソロを弾くためのウクレレです。

いつかうまくなって、ソロが弾けるようになったら手にしてみたい……という感じでしょうか。

でも、古川先生の指導でウクレレをはじめたら、基礎はきっと身につきます。その基礎の上に練習を積み重ねていけば、こんな楽器が似合うスーパーソロプレイも不可能ではないと思います。

hide
古川先生のDVD講座でも最後にソロを3曲練習します。シンプルなのにかっこいい古川アレンジです。

古川先生の教材を卒業した時あなたは、いろんな曲が弾ける! 挑戦したい! という楽しい世界の入口に立っているはずです。

その時は、ぜひこのサイトの中級編でまたお会いしましょう!

ちなみに、古川先生がDVD講座の模範演奏に使っているのはBaton Rougeのシンボディータイプのモデルだと思われます。

おすすめの記事

1

このページでは、以下の3つのツールをPDFでダウンロードできます。 コードを調べる便利な無料ツール ウクレレコード表 印刷して製本する「ポケットコードブック」 A4用紙2枚に収めた「ウクレレコード表」 ...

2

スーパーギタリストの古川さんが、なんで初心者向け講座を? そう思いつつこの教材を手に取った時、内容の濃さに衝撃を受けました。 古川先生は多くの生徒さんを抱える、ウクレレの先生でもあったのです。それは僕 ...

3

今回実施したアンケートの結果、ウクレレが「1か月以内に弾けた」と回答した人は全体の65.7%。その中で「1週間以内に弾けた」と答えた人が34%にのぼりました。 詳しいアンケート調査結果へジャンプ 1か ...

2021年8月17日