ウクレレ初心者

ウクレレのコード「C」の押さえ方と、ハイコードなど応用編まとめ

2022年5月9日

Cを押さえる場所

ほとんどの人が最初に覚えるコードがC。指1本で押さえられ、決して難しくはありませんが、少しだけ注意点があります。

この記事ではコードを押さえる時のコツをわかりやすく解説しました。

この記事は、156種類のコードを掲載したウクレレコード表と弾き方解説記事の補足記事として作成しています。

いちばん基本のコード「C」。薬指で押さえます

Cの押さえ方

一番最初に押さえたいコード「C」。写真のように、薬指で押さえるのが基本です。

絶対薬指! というわけではなく、曲の流れの中で違う指で押さえることもあるのですが、最初は「薬指で押さえる!」と考えて練習しましょう。

各指が担当するポジション
各指には一応担当するフレットがあります

ウクレレやギターでは、左手の指の担当は、一応上の写真のように決まっています。

人差し指1フレット
中指2フレット
薬指3フレット
小指4フレット

こんな担当分けがあり、とりあえずそこからスタートするとわかりやすいからです。

もちろん基本ポジション通りに行かないこともたくさんあります。その場合は違う指を使っても問題ありません。

ウクレレの指板のどの部分を押さえる?

フレット上を押さえると音が鳴らない
フレット(金属)を押さえると音が鳴らない

初めてコードを押さえる時、フレット(指板上の金属部分)を押さえてしまう人がけっこういます。

でも、ここを押さえると音が出ません。

フレットとフレットの間を押さえる
フレット間を押さえると音が鳴る

正解は、フレットとフレットの間の板部分を押さえること! 

弦の音が鳴る仕組み

ウクレレはこの図のように、指板の板部分を押さえることでフレットを支点として弦が振動し、音が鳴るように作られています。

左手の親指の位置はネックの真裏に当てておくのが基本

左手の親指の位置
親指の位置はここがおすすめ

親指の位置は人によってさまざまなのですが、とくに最初のうちは「親指をネックの真裏にしっかり当てておく」のがおすすめです。

世界一有名なウクレレ奏者のジェイク・シマブクロは、左手の親指をネックの真裏にキープしています。

難しいコード(セーハコードなど)を押さえる時に力が入りやすいので、ひとまず「親指はネックの真裏にキープ」という弾き方から練習してみることをおすすめします。

セーハのコツについては、以下の記事でくわしく解説しています。

ところで「C」って何?

コードCの構成音
コードCの構成音「ドミソ」

Cは昔学校で習った和音「ドミソ」の事です。ドレミの「ド」はアメリカなどでは「C」といいます。

コードの構成音を覚えなくてもウクレレは弾けますが、なんとなーく「コードとは、ドミソのような和音のことだな」と知っておくと、今後いろいろと役に立ちます。

ハイコードなどさまざまな「C」と応用テク

ここまでで「Cはドミソのことだ」とわかりました。

つまり、ドとミとソの音が鳴っていれば(一応)いいわけですから、他にもCの押さえ方はたくさんあります。

Cの別フォームのダイヤグラム
コードCの別のフォーム

上のダイヤグラムも、実はドとミとソの音が鳴っているのでコードCです。でもこのCはあまり使われません。

どちらかというとですが、響きがイマイチだからです。

コードはルート音(Cならド)の音が「一番低い音で鳴っていてほしい」のですが、上のコードフォームだとミの音が一番低い……というのが理由です。

ハイコードのCでカッティングするとかっこいい

上の動画はカッティングの原理を解説し、ハイコードのCとGを弾いています。ふつうのコード(オープンコード)で「チャッ」という音を出すのは難しいですが、セーハして弾くハイコードであれば簡単です。

hide
そのかわりセーハが難しいということもいえますが……。

16ビートの曲に挑戦する時などは、あえてハイコードでカットして「チャッ」というゴーストノートをかっこよく入れると、かっこよく弾くことができます。

Cのハイコード①

Cのハイコードのダイヤグラム1

Cのハイコード②

Cのハイコードのダイヤグラム2

CのなかまCM7、C6、Cadd9の使い方

この動画の出だしに注目してください。これ、全部Cで弾いても歌えるのですが、ポーラ・フーガは次のように弾いています(曲はHokule'a Star of Gladness)。

|C |CM7 |C6 |C |

これはクリシェと呼ばれるコード進行です。Cのコードだけでは飽きてしまうので、おしゃれに展開しましょうというときよく使われます。

各コードは次のように読みます。

CM7シーメジャーセブンス
C6シーシックス

ざっくりいうと、これらのコードはC(ドミソ)に、おしゃれに聞こえる音を1コ追加したものです。

Cが続いて飽きるかな、という時に、CM7C6Cadd9などに変えて弾いてみて「いいな!」と思ったら採用してみてはどうでしょう?

逆に、楽譜にCadd9(シーアドナインス)やC6と書いてあるけれど「どうしても弾きにくい」と感じたらCで演奏してみても大丈夫な場合が多いです。

ガズレレのガズさんは、こんな感じで難しいコード進行を簡略化しています。

関連記事

関連記事ウクレレ初心者が29個のコードを覚えると500曲以上弾ける!押さえ方もバッチリ解説

続きを見る

関連記事ウクレレの「コード表」と押さえ方。無料ダウンロードもあります

続きを見る

関連記事ドレミファソラシドの弾き方。ウクレレ指板表の無料ダウンロードもあります

続きを見る

  • この記事を書いた人

hide

なみのおと音楽教室を運営するアップライト合同会社のすちゃだら社長。高校の部活(ビッグバンドジャズ)でギターを始め、その後ウクレレに持ち替えました。記事監修はピアノ講師・のりこ先生にお願いしました。

-ウクレレ初心者
-