ウクレレと用具

ウクレレストラップを220円で自作する方法と、ギターストラップを流用する方法

2021年9月8日

ウクレレのストラップを100均グッズで自作しようという方に、まず予算をお伝えします! 事情により、220円以内で制作してください

なぜなら、アマゾン最安のウクレレストラップは現在340円(送料込)だからです。100均で材料購入に330円以上かけてしまうと、トータル的なコスパで絶対に負けてしまいます。

Amazonで最安値のストラップ

このアマゾン商品は送料込みで340円ですが、長さ調節もできます。そういった機能を盛り込めないことや、自作するためにかかる時間的コストを考えると、100均で対抗するのはかなり厳しい印象です。

同じ商品が複数の業者から販売されており、価格が大幅に変動するため、上記価格は参考とお考えください。125円+送料で販売されていることもあります。

その上で究極のコスト削減を考えるとしたら、220円でストラップを制作することになります。さすがのAmazonでも送料込み200円前後で買えるストラップはありません。

この記事は、

  1. 220円で自作するウクレレストラップ
  2. エンドピンジャックに対応した自作ストラップ
  3. エンドピンジャック仕様にストラップを改造

の3テーマでお送りします。

2022年1月現在、楽天で同じストラップの最安値は499円(送料込み)です。

この記事の用語解説

ウクレレのストラップは大きく2種類に分類できます。

ネックストラップ(左)とショルダーストラップ(右)
左がネックストラップで右がショルダーストラップ

写真左はネックレスのようにウクレレをぶら下げるタイプで、この記事では「ネックストラップ」と呼びます。

写真右はギターのストラップと同じ方式でウクレレをけさがけにぶら下げるタイプ。この記事では「ショルダーストラップ」と呼びます。

今回はネックストラップとショルダーストラップ、両方を自作してみました。

ウクレレの持ち方・構え方の基本は初心者向けの別記事で解説しています。

ネックストラップを220円で自作

220円で自作できるウクレレ用ストラップ
220円のストラップでもないよりずいぶんマシ!

このようなウクレレストラップを220円で作りました。3個まとめて作ると1個あたり約147円にコストダウン可能です。

220円でストラップを自作するための材料

必要な物は「台所吸盤フック」と「マルチストラップ」の2つ。「マルチストラップ」は事務用品などのコーナーで、首からIDをかけるヒモなどと並んで売られています。

作り方はかんたんです。


  • 「台所吸盤フック」を分解

    「台所吸盤フック」の吸盤部分をカッターで切り取ります。残った部分の軸が抜けやすい場合は接着剤で接着しておきます。


  • 「マルチストラップ」に結ぶ

    「マルチストラップ」の先端についている細いヒモに、「台所吸盤フック」のフック部分を取り付ければ完成です。


220円ストラップの完成図
220円ストラップの完成図

長さを調節できず、どちらかというと短めなので、体格の大きな人には使えないかもしれません。身長150~170センチくらいの人なら使えそうです。

hide
しかし、アマゾンの340円商品なら調節機能があり、ウクレレが傷つかないようにフックがプラスチック製というアドバンテージがあります。

普通にアマゾン最安製品を買っておいた方が無難だと思います。あえてストラップを自作するなら最安を狙うより、好みのデザインを実現するなど、他の目的で作るのがおすすめです(値段は上がりますが)。

もしくは普段ストラップを使わない人が「万が一を考えて」という感じで、ウクレレケースに1つ入れておくなら220円ストラップもアリだと思います。

ということで本題のショルダーストラップ制作の話に続きますが、その前に、意外と戸惑うことが多いネックストラップのつけ方をおさらいしておきます。

ネックストラップの正しいつけ方

市販のネックストラップのつけ方
市販のネックストラップを装着したところ

ウクレレ用のネックストラップは、初めてつける時に少しとまどうかもしれません。そこで、ストラップのつけ方をざっくり解説します。

ステップ1 ネックストラップを首からさげる

まず、ストラップを首からぶら下げます。ネックレスのように首にかける感じです。

フックをサウンドホールにひっかける

次に、ストラップ先端のフックをサウンドホールに引っ掛けます。この時、ストラップのひもはウクレレの下側を通してください。

ネックストラップ装着(完成形)

最後にウクレレを写真のように90度回転させれば完成です。ストラップのフックと自分のおなかと右ひじ、左手首でウクレレを支えている感じになります。手を離すとウクレレが落下してしまいますが、何もないより安定感が増します。

ネックストラップはウクレレを改造することなくサポートできる手軽さが魅力です。普段使わない人も1本持っておく価値は十分あります。

ギター風のストラップをウクレレ用に自作!

自作ショルダーストラップをつけたところ
エンドピンジャック対応自作ストラップ

ウクレレのストラップを自作してみて「よかった」と思えたのは、エンドピンジャック仕様のウクレレのための専用ストラップを作った時のことです。エンドピンジャックとは以下のようなものです。

エンドピンジャックの例
エンドピンジャックの例

このウクレレはマイクを内蔵しているのですが、シールドケーブルを挿す部分(ジャック)と、ストラップピン(お尻についているのでエンドピン)が合体してしまっています。

エンドピンジャックにシールドを通したところ

このようにシールドケーブルを刺せるようになっている分、エンドピンがかなり太いのが難点です。普通のエンドピンだとストラップにあける穴は6~7ミリくらいですが、エンドピンジャックに付けるには10ミリくらいの穴が必要です。

自作ショルダーストラップ

そこで自作してみたのが上のストラップ。エンドピンジャック仕様のウクレレをお持ちの方はぜひ試してみてください。500円位で作れます。

用意するものは手芸店で売っている手芸用布ベルトと革の切れ端。道具はダイソーなどで売っている皮用のポンチ(6ミリ・8ミリ)とはさみと裁縫道具です。

作り方は、

  1. 手芸用布ベルトを95cmにカット
  2. 皮の切れ端を布ベルトと同じ幅に切って縫い付ける
  3. ポンチで6ミリと10ミリの穴をあける

以上で完成です。

10ミリのポンチは販売されていなかったので8ミリの物を使って穴を少しずつ広げました。

自作ショルダーストラップに開ける穴の大きさと位置

皮にあける穴は、エンドピンジャック側が10ミリ、ネック側が6ミリです。また、穴をあけたら写真のように少し切り込みを入れておきます。

このようになれば完成です。ウクレレは軽い楽器なのでそれほど強度は必要としません。好きな素材、好きなカラーで手軽に自作することができます。

手芸用布ベルトはナイロン平ベルト、手芸テープなどでもOKで幅は30ミリくらいがウクレレにぴったりの雰囲気です。

ちなみにウクレレの重さは以下の記事で詳しく検証していますが、ソプラノが400g弱、コンサートサイズで550g前後です。

実はギターのストラップを改造する方がラクかも

ギター用ショルダーストラップを流用したところ
市販品を改造したエンドピンジャック対応ストラップ

と、ここまでストラップの作り方を書いてきましたが、実はエンドピンジャック仕様のストラップは市販のギターストラップを改造した方がカンタンに作れます。

写真はフェンダーのギター用ストラップの片側の穴を10ミリに広げただけの物ですが、ずっしり重めのGodinウクレレでも不安なく吊り下げることができます。

ギター用ショルダーストラップを加工するのに必要な道具

ダイソーで販売している8ミリのポンチとハンマー、定規と市販のストラップがあれば作れます。

ストラップピンを止める側の穴を、ポンチで少し広げるだけです。ちょっとずつ穴を広げながら、実際にウクレレを吊り下げてみて様子をみてください。穴を大きくしすぎると楽器が落下する危険が高くなるので、ぎりぎりエンドピンジャックが留まる程度に調整するのがポイントです。

穴の大きさの調整後
これくらいキツめに調整できるといい感じです
おすすめショルダーストラップの作り方は?
ギター用ストラップを流用穴を広げるだけなので簡単
完全オリジナル手間はかかるがトータルコストは安上がりの可能性。また、納得のいくデザインを目指せます

という切り分けになりそうです。

ここからは……

hide
めんどくさいから市販のを買おうかな……。

という人向けの情報です。

ストラップを買う時の選び方や注意点

首からさげるネックストラップは安くても案外十分です。このタイプなら、高いものを買う必要はないと思います。安くても高くても、あまり機能に差を出せるような部分がないからです。

安いストラップは楽器が落下する心配も……

その点、ショルダーストラップは少しいい物を買った方が無難です。ショルダーストラップはストラップピンを留める部分が革でできているのですが、安い物は合皮なので、上の写真のように劣化してしまいます。

劣化する以前に、ストラップピンから不用意に外れてウクレレを落下させそうな怖さがありました。

そこで、ギタータイプのストラップの場合は、激安の物ではなく品質がよいものを選びましょう。ネットで買う時は説明文に革を使用しているかどうか明記しているものを選ぶと安心です。

1000円くらいの物でも革を使っていればけっこう安心できる、というのが実感です。

ストラップは使ったほうがいいのか、なくてもいいのか?

Aloha to you ジェイクのソロデビュー10周年記念アルバム 2,843円(税込)

昔は「ウクレレでストラップは邪道」的な雰囲気があり、使う人は少数派でした。しかし、現在は「ウクレレでストラップは普通」という感じになっています。

ウクレレ用ストラップをめぐる時代の流れは、あのジェイク・シマブクロ氏の演奏スタイルから検証してみれば一目瞭然です。

hide
ジェイクはいつ頃からストラップを使い始めたのでしょうか?

2000年代のジェイクはストラップをしていなかった

これは2006年の動画。この当時、この演奏は衝撃でした。しかしよく見るとストラップをしていません。この頃のジェイクはライブやTVショーでもストラップをしていなかった記憶があります。

2010年代からストラップをし始めた!

これは2018年の動画ですが、普通に首からかけるタイプのストラップをしています。ライブではショルダーストラップも使用していた記憶があります。

それだけでなく、今やジェイクは自分の名前を冠したオリジナルのストラップを発売するようになっています。

hide
ジェイクはここ5~10年くらいストラップをしているし、オリジナルストラップの販売まで始めています。

時代の流れは「ストラップ必要」に傾いている!

Made in Japan to the world 名渡山遼のメジャーデビュー・アルバム 2,370円(税込)

というわけで、時代の流れは確実に「ストラップをするほうが弾きやすい」という方向に傾いています。

その他にストラップを常用しているアーティストは、ジェイムス・ヒル、勝誠二、鈴木智貴、名渡山遼、近藤利樹などなど(敬称略)。それに対してIWAOさんはあんまり使っていないイメージです。

結論 やはりストラップはあったほうが便利

あのジェイクをはじめとする、そうそうたるプレイヤーがストラップをしていることから、やはりウクレレにもストラップがあったほうが有利といえるでしょう。

とはいえ、ウクレレは自由な楽器です。ストラップがない方が弾きやすいなぁと思う人は、ストラップなしで弾くのがベスト。

hide
自分にあったスタイルで演奏すれば、それでOKなのです。

結論としてストラップはあったほうが便利ですが、なくても弾けるという人はなくても大丈夫!

「ストラップなんていらないよ」という人が「万が一を考えて1本持っておく」という時こそ、220円の100均ストラップがちょうどいいかもしれないですね。もしくは下記の激安ストラップをおすすめします。

中国から直送なので時間がかかります
¥241 (2021/09/08 15:07時点 | Amazon調べ)

このストラップについては以下の記事でがっつり検証しています。

参考自作するより安い!340円のウクレレストラップを徹底チェック

  • この記事を書いた人

hide

なみのおと音楽教室を運営するアップライト合同会社のすちゃだら社長。高校の部活(ビッグバンドジャズ)でギターを始め、その後ウクレレに持ち替えました。記事監修はピアノ講師・のりこ先生にお願いしました。

-ウクレレと用具