ウクレレと用具 ウクレレ初心者

ウクレレで「テナーかコンサートかどっち?」と迷ったとき一発で判定する方法

2022年1月17日

テナーサイズかコンサートサイズか、ウクレレ選びで迷った時にわかりやすい判定方法があります。

左手難しいコードに手が届くか?
セーハしやすいか?
右手指先が自然にいい位置を弾けるか?

この記事では、右手と左手の弾きやすさを具体的にどこで見ればいいのか? を解説しています。

記事後半では、目的別に「どっちを選べばいい?」を考えていきます。

わかりやすい選び方は右手・左手の「弾きやすさ」

「自分にとって弾きやすいのはどっち?」が最終的な判断基準になる、ウクレレのサイズ選び。

小柄な女性の場合、ソプラノウクレレが最適で、ムリをして買い換える必要はないかもしれません。

男性の場合は、実はコンサートサイズ以上のほうが体格にあっていることが多く、買い替えを検討するのはある意味当然かもしれません。

そこで「どこを見れば自分にあったサイズかわかるの?」という疑問にお答えします。

左手は指が「届く」ことと「セーハのしやすさ」で選ぶ

C6のストレッチコード

手が小さい人でもソプラノウクレレは弾けますがテナーサイズになると押さえにくいコードが出てくるかもしれません。

そこで例えばC6のストレッチコードなどを押さえてみて、「難関コードが弾けるか」を確認するといいでしょう。

難関コードの例

上記が難関コードの一例です。このあたりで試してみて、なんとか弾けそうなサイズを選ぶのがおすすめです。

ポイント① 難関コードが弾けるかチェックして、弾きやすいサイズを選びましょう。

テナーサイズはちょっとセーハしにくいという問題も

テナーウクレレの専用弦はちょっと硬め

またソプラノサイズとコンサートサイズで共用できる弦は多いのですが、テナーサイズはちょっと硬めのテナー専用になります。弦が硬く、弦を張る力(テンション)が強いので、セーハコードが押さえにくくなります。

ソプラノに比べた弦の硬さ
コンサートサイズちょっと硬いかな? くらいであまり違和感なし
テナーサイズはっきり硬いとわかり、セーハの難易度はややアップ

そこで、「ハイポジションでセーハできるかどうか」を確認しておき、弾けそうならテナーサイズ、厳しそうならコンサートサイズ……という風に切り分けるのもひとつの手です。

ポイント② セーハに自信がない人はコンサートサイズがおすすめ。握力ばっちりな人はテナーでも大丈夫です。

右手は「自然にいい位置をストロークできるか」で選ぶ

右手は左手に比べて判断基準がはっきりしています。店頭で試奏する時は、ぜひ右手に注目してください。

ウクレレを弾く時は右ヒジでウクレレのボディーを支え、あまりそのヒジを動かさずにストロークします。

正しくは上の写真のようにヒジよりちょっと手首より部分で、ウクレレのボディを支えます。

つまり、腕の長さによって自分に合うウクレレのサイズが変わってきます。

ウクレレのスイートスポット

ウクレレで一番いい音がでるスイートスポットは、上の図のような位置です。右ヒジでウクレレのボディをはさんでストロークをした時、自然と人差し指(または親指)がこのスイートスポットを通るサイズがベスト。

女性であればソプラノサイズかコンサートサイズ、男性であればコンサートサイズかテナーサイズが適している場合が多いです。

hide
僕の腕の長さだとコンサートサイズがベストチョイスです。

ポイント③ ウクレレを持った時、右手の指が自然といい場所をストロークできるサイズが適正です。

ここまでをまとめると?

左手はC6のストレッチコードなど「難しいコードが押さえられるか?」と「セーハできるかをチェック」。右手は、ストラップなしでウクレレを持った時「自然にいい位置をストロークできるか?」を見てみると、自分に適したサイズがわかります。

お悩み別「テナーかコンサートか」判別法

この曲が弾きたい
この音が欲しい

だから、コンサートかテナーサイズウクレレを探している……というケース別に考えていきましょう。

ただし、結論としては「結局弾きやすい方がいい」に落ち着くことが多いです。

「もっと大きな音のウクレレが欲しい」時の選び方

ウクレレの音量調査時の機材セッティング
騒音計で測定しました

「大きな音でよく鳴るウクレレが欲しいからテナーサイズにしたい」という声はよく聞きます。しかし騒音計で測定してみると、実はソプラノもコンサートもテナーも、音の大きさはほとんど変わりません

この3本は、全てLehoというブランドのウクレレです。騒音計で測定してみると、それぞれ次のような音量でした。

ソプラノコンサートテナー
1回目81.3dB84.7dB79.5dB
2回目82.4dB83.3dB79.0dB
3回目81.7dB84.1dB80.2dB
平均81.8dB84.0dN79.6dB

この通り、サイズが大きいから音が大きいということはありませんでした。今回は同じメーカーで比較しましたが、別のメーカーであっても、たいていは同様の結果になります。

hide
ウクレレのサイズと音の大小は、必ずしも関係しません。

より大きな音が鳴るウクレレを探すとしたら、店頭で試奏をして一本一本確認してみるしかありません。例えばKALAのKA-J1というソプラノウクレレは1万円前後で買えますが、ほとんどの上位モデルより音が大きいです。

大きい音のウクレレ、鳴りのいいウクレレが欲しい場合、急いで中途半端なテナーウクレレを買うよりも、お小遣いをがっちり貯めてからいいウクレレを買うべきだと思います。

hide
音のデカさで印象的なのはコアロハです。

コアロハは通常のウクレレより薄い木材を使う事で音量をあげ、強度が低下する部分を独自の構造(ユニブレース構造など)で補っています。

コアと非常によく似たアカシア材のモデル
¥72,270 (2022/05/19 15:46時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

音量測定はウクレレから1.5m離れた場所で3回測り、その平均を取りました。

「もっと低音の出るウクレレが欲しい」時の選び方

実は低音が出るウクレレは存在しません。音域はソプラノもコンサートもテナーも、すべて同じだからです。

バリトン以外のウクレレは、すべてG・C・E・Aのチューニングで、同じ音程です。なので、テナーサイズもソプラノサイズも、同じ高さの音しかでません。

また、よく「テナーウクレレはボディーが大きいので低音成分が豊か」といわれますが、測定してみるとそういうこともありませんでした。

左がソプラノ、右がテナーサイズウクレレ

音声スペクトラムを表示するアプリで測定してみるとわかるのですが低音成分に関して、ソプラノもテナーもあまり変わりませんでした。

hide
実際に測定してみて、音量、音の成分ともに、あまり変わらないと確認しました。

そこで、結論として「コンサートとテナー、どっちでもOK」です。やはり、弾きやすさや持ちやすさで選ぶのが正解です。

サスティーンの長さに違い

ソプラノウクレレとテナーウクレレを弾き比べてみると、確かにテナーの方が音に余裕があります。例えてみるとギターのような響きを感じるのですが、それは低音が出ていると言うよりサスティーン(楽器の音が発生してから音が途切れるまでの余韻)が長いからではないかと思います。そこから、ギター代わりにウクレレを弾きたい人は、テナーサイズがいいかも知れません。

ウクレレベースという選択

もし「低音」の意味が「バンドを組んだりアンサンブルをする時に低音が欲しい」ということであれば、ウクレレベースがおすすめです。

ウクレレベースは小さなボディにもかかわらず、ウッドベースに似た雰囲気のある低音が出ます。音域は大型のベースと同じなので、普通のウクレレと組み合わせると迫力のある演奏になります。

うちにはDCTのウクレレベースがありますが、コスパが高く、いい音がします。

Amazonが一番安いので買う時は要比較!
¥39,312 (2022/01/17 11:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ウクレレベースを弾くなら、ウクレレに加えてベースの奏法も学ぶ必要があります。しかしベースがうまく演奏できるとかなりかっこいいので、ぜひ挑戦してください。

DCTは夢を叶える(Dream come true)の頭文字を取って設立されたジャパンブランドで、低価格ながらよくできたウクレレをラインナップしています。

「もっと高音の弾けるウクレレが欲しい」時の選び方

左が18フレットのテナー、右が12フレットのソプラノ

ジェイク・シマブクロのようなかっこいいソロが弾きたい場合、多くのソプラノウクレレではフレットの数が足りず、そもそも音が出せないため演奏することもできません。

ウクレレのサイズ別フレット数
ソプラノウクレレ12から15フレット(17フレットのモデルも)
コンサート・テナーウクレレ18から19フレット

テナーサイズかコンサートサイズであれば、フレット数はだいたい同じです。どちらを選んでも問題ありません。コンサートでもテナーでもいいので、弾いてみてしっくりくるものを選べばたいていの曲は弾けます。

hide
この場合もやはり「弾きやすいサイズを選ぶ」が正解だと思います。

ソプラノロングネックという選択

ソプラノウクレレにコンサートウクレレサイズの長いネックを組み合わせた「ソプラノロングネック」というウクレレもあります。

ボディサイズが小ぶりなので、ソロを弾きたい小柄な女性におすすめのカテゴリーです。

このジャンルで最高のコスパを誇るとされるのがAsturiasギターのSOLOウクレレ。使っている木材によって値段はまちまちですが、最も安いクラスのスプルースでも、衝撃的にいい音がします。

¥95,962 (2021/08/17 11:33時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
hide
値段も高めですが、その価値はあります。

19フレットあり(14フレットジョイント)、深くえぐったカッタウェイボディのおかげでハイポジションの演奏性も高く、超おすすめのウクレレです。音も大きくよく鳴ります。

hide
このSOLOというウクレレは透明感のあるシャープな音が印象的です。ちょっとその場の空気を変えるほどのウクレレです。

初心者だけどテナーかコンサートか迷っている時の選び方

初心者でも体が大きな人であればソプラノウクレレは小さすぎて弾きにくいかもしれません。

その場合テナーサイズかコンサートサイズの中から選ぶことになりますが、どちらかおすすめをあげるとしたらコンサートサイズです。

初心者セットのラインナップを見ると圧倒的にソプラノウクレレが多く、コンサートサイズも少しラインナップされている……という感じです。テナーウクレレの初心者セットはほとんど見かけることがありません。

ソプラノウクレレの初心者セット種類が豊富で好みに合ったものが選べる
コンサートウクレレの初心者セットバリエーションは少ないが一応選べる
テナーウクレレの初心者セットめったに見ないので選べない

こういった状況なので、初めての1本を探すとしたらコンサートウクレレになると思います。

たとえば1万円台で買えるコンサートウクレレの初心者セットといえば、以下のモデルがあげられます。

ケース/ストラップ/交換弦/チューナー付属
¥11,364 (2022/01/09 15:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

これはコスパが高く、かなりお買い得感のある初心者セットです。

予算が潤沢にある場合は初心者セットではなく単品で買い揃えてもいいと思います。その場合はテナーウクレレでも問題ありません。

テナーサイズかコンサートサイズかの選び方は、冒頭の表をもう一度掲載しておきます。

左手難しいコードに手が届くか?
セーハしやすいか?
右手指先が自然にいい位置を弾けるか?

この表に照らし合わせて適正サイズを選び、テナーかコンサートかを決めるのがおすすめです。

両方買うという手もある!

テナーサイズのウクレレはジャズ系のバッキング用に…

うちにはソプラノ、コンサート、テナーサイズのウクレレはそれぞれ複数台あります。

僕の体格にはコンサートサイズが適しているので、それぞれのウクレレの役割は次のように決まってしまいました。

ソプラノ伴奏用
コンサートソロ用
テナー伴奏用

ソロはほとんどコンサートウクレレで弾きます。伴奏用には、だいたいソプラノウクレレを使います。

ジャズやボサノバの曲で伴奏する時は、Low-Gのテナーを使います。

このように、3つのサイズのウクレレを手元に置いておくと、いつの間にか役割が決まってくることもあります。それぞれのウクレレに、きっと出番があるはずです。

どうしてもテナーかコンサートか決められない! という時は、もう開き直ってしまうのもありです。

hide
最終的に両方買ってしまいましょう。たぶん、それで後悔することはありません。

おすすめのコンサート・テナーサイズウクレレ

コンサートサイズやテナーサイズのウクレレを検討している、ということであれば、初心者の方ではなく「2本目のウクレレを探している」というケースの方が多いはず!

そこで、「ソロ弾きやバンドアンサンブルに向いている楽器は?」という観点で、おすすめのウクレレをピックアップしていきます。

hide
なみのおと音楽教室の備品として備え付けている物か、少なくとも演奏したことがあるものだけを紹介します。

フジゲンのコンサートウクレレは、ソロ弾きにテッパンおすすめのモデルです。

やや太めのネックに細めのフレットワイヤーを組み合わせており、ジャカソロ系よりギターっぽいフィンガーピッキングに向いています。難しいソロに挑戦する時に、この弾きやすさは「頼りになる!」と感じます。

音量は普通ですが、シャープで美しいサウンドはフジゲンならでは。ポピュラー音楽全般に向いていると思います。

¥95,962 (2021/08/17 11:33時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

小柄な女性でソロを極めたい人に、超おすすめのモデルです。

ソプラノサイズのボディにコンサートウクレレ並のネックを組み合わせたウクレレで、ハイポジションまで弾きやすい設計。演奏性は非常に高いです。

サウンド的にも強烈な自己主張があり、アンサンブルなどには向きません。他のウクレレの存在感を消してしまうような迫力のあるサウンドです。あくまでもソロのために作られたウクレレだと感じます。

フジゲンはヘタな人が弾いても許される感じがあるのですが、このウクレレに限っては、そうはいかない感じがします。

上手い人専用機です。

¥109,780 (2021/11/22 15:32時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

槇原敬之さんのコンサートで、バンドのギタリストが、曲によってギターをウクレレに持ち替えて演奏していました。その時一目惚れして買ったのが、このウクレレです。

見た目もサウンドも、ゴダンのエレガットギターにそっくりです。

ポピュラー音楽全般のバッキングに使えますが、とくにボサノバなどは相性抜群。R&Bなども意外といけます。

  • この記事を書いた人

hide

なみのおと音楽教室を運営するアップライト合同会社のすちゃだら社長。高校の部活(ビッグバンドジャズ)でギターを始め、その後ウクレレに持ち替えました。記事監修はピアノ講師・のりこ先生にお願いしました。

-ウクレレと用具, ウクレレ初心者