ウクレレ初心者 ステップアップ

ウクレレの基礎練習・運指トレーニングをまとめて紹介。独学で上達を目指す人向け!

2022年2月10日

ウクレレなど楽器の基礎練習には意味があるのでしょうか。

のりこ先生(なみのおと音楽教室講師)に聞いてみました。

のりこ先生は、

のりこ先生
基礎練習は楽器を演奏する全ての人に意味があるものですよ。

と教えてくれました。

基礎練習をすると、

  • 動かなかった指が動くようになり弾けなかった曲が弾けるようになる
  • 左右の指の動きが揃うようになる
  • メトロノームを使うと安定したテンポで弾けるようになる(等速感)

といったメリットがあります。

この記事の基礎練メニュー
コード編カノン進行でコード初心者も上達
おしゃれすぎる「ハッピーバースデー」特訓
J-POPで楽しく難関コードを練習
ソロ・単音編基本のクロマチック練習
アル・ディメオラの速弾きフレーズ
無料楽譜で「部分練習」
のりこ先生
ただし「今は好きな曲を練習したい」など、はっきりした理由がある場合には、必ずしも基礎練習をしないといけないわけではありません。

基礎練習の代わりに弾きたい曲の難しいところを重点的に練習するという方法(部分練習)もあります。

部分練習には基礎練習と同じようなメリットがあるので、この記事の後半でクローズアップしています。

hide
ウクレレを独学するコツ・注意点は別記事で解説しています。

基礎練習は「毎日、少しずつ」が基本

のりこ先生は「1週間に1回がっちりまとめて2時間の基礎練習……というよりも、たとえ5分や10分でも毎日練習をする方が効果が出やすい」と教えてくれました。

のりこ先生
また、大人の基礎練習は継続が大切です。

基礎練習で指がなめらかに動くようになったり、難しいコードがしっかり押さえられるようになる効果を体感できますが、しばらく練習をしていないとその効果がだんだん薄れていってしまいます。

特に大人になって楽器を始める人は要注意なのです。

若い頃身体で覚えた演奏技術は10年経っても体に染みついていたりしますが、大人になってからの練習は、昔に比べて体になかなか染み付いてくれません。

そこで、基礎練習をする時は「毎日少しずつでも必ず練習する」と決め、がんばって継続してください。

hide
毎日5分弾くだけでも、けっこう違いますよ!

コードチェンジの基礎練習

コードがスムーズに弾けない。 コードチェンジが上手くできないという場合は、どうしても基礎練習をする必要があります(注1)。

hide
コードの演奏でも基礎練習の効果が体感できますよ。

「まだまだこれから、いろんなコードを覚えていこう」という人であれば、「Dのカノン進行」で基礎練習をするのがおすすめです。

|D |A |Bm |F#m |G |D |G |A |

Bm

F#m

弾けなくはないけど適度にめまぐるしい感じのコード進行なので、これを1日数分弾いておくだけでもちょっと違うと思います。

hide
1日3~5分の練習でも、しばらく続けると違いが実感できます。

特にセーハ-コード(バレーコード)のBmはちょっと難しいかもしれませんが、いい練習になるのでぜひ挑戦してみてください。

セーハコードの押さえ方は別記事で詳しく解説していますので、ぜひそちらも参照してください。セーハする時は力を入れなくても大丈夫ですよ!

また、コードについては、以下の記事内でダウンロードできる、無料のコードチャートで調べることができます。

注1……この記事後半で紹介する課題曲の「部分練習」という手もあります。

難関コードを押さえる練習で応用力アップ

この記事を作成するにあたり、のりこ先生に「みんなが絶対ウクレレで弾くあの曲を、めっちゃおしゃれで難しいコード進行にして!」と依頼。「おしゃれすぎるハッピーバースデー」の楽譜を作ってもらいました。

Dのカノン進行は余裕という人におすすめの、コードチェンジ特訓アレンジです。

けっこう難しいコードを連発して、しかも1拍ごとにコードが変わります。普通の「ハッピーバースデー」に飽き足らない人にもおすすめです。ぜひダウンロードしてみてください(コードダイヤグラム付きの楽譜です)。

ハッピーバースデー楽譜ダウンロード

この記事をパソコンに送る場合は、下の「LINEで送る」ボタンからKEEPメモに保存するのが便利です。

楽しく弾きたい時はJ-POPでコード弾きの特訓

初心者にはU-FRETがおすすめ

好きな曲を練習して、しかも部分練習を通してウクレレが上手くなるという意味でおすすめなのは、最近のJ-POP。星野源さんやOfficial髭男dismなどの楽曲はコード進行が複雑なので、好きな曲に挑戦すると自動的にウデが磨かれます。

U-FRETというサイトは楽譜のダウンロードこそできませんが、最新J-POPでもほとんどの楽曲が掲載されており、画面でコードを見ながら練習することができます。

またU-FRETを利用するならウエブブラウザよりもアプリが便利です。

U-FRETアプリをダウンロードしたらまず右上にある歯車マークをタップして設定画面を開き、楽器をギターからウクレレに変更しておいてください。これでウクレレのコードダイアグラムが表示されます。

U-FRETにはメトロノーム機能もあり、またテンポを変更しながら演奏することもできます。初心者向けにコードを簡単にアレンジしたバージョンも選べますが、ぜひ通常バージョンを選んでください。

おすすめの手ごわい曲
星野源SUN
Official髭男dismCry Baby
小野リサあの日にかえりたい
藤井風きらり

上記はかなり手ごわく、特訓におすすめの楽曲です。ただ、ウクレレは4本しか弦がないので、そもそも複雑なコードを弾く意味がどれくらいあるのか? という問題もあります。

hide
最終的に、いつか弾ければOK!

そこで、難関の楽曲にチャレンジする時も、ウクレレらしく「だいたい弾ければいいかな」くらいでスタートしてみましょう。

U-FRETを利用するならパソコンよりもアプリが便利ですが、アプリ利用の時は2つ注意点があります。まず初回起動時にいきなり有料登録画面が表示されますが、画面のどこか他の部分をタップすると消すことができます。有料登録するかどうかは使ってみてから検討しましょう。また アプリの画面下に表示される怪しい広告には、クリックしない方がいいものもあります。

ソロ弾きの基礎練習

ここまでコード演奏の基礎練習、特訓方法を考えてきましたが、ソロ指向の人にはまた別の課題があります。

ある程度コード演奏ができる人が、ソロ弾きに壁を感じるのは次の2つのポイント。

  1. フレーズが速すぎて指がついていかない
  2. 運指が難しすぎて押さえられない

これらの課題を解決していきましょう。

基本のクロマチック練習

ウクレレの基礎練習を解説した本はいくつかありますが、そのほぼ全てで推奨されているのがクロマチックトレーニング。

これは上のタブ譜のように全ての半音階をひたすら弾いていくトレーニングです。飽きるといえば飽きてしまうのですが1日5分ずつでもこれをやっておくとだんだんと指がスムーズに動くようになります。

クロマチック練習の楽譜は以下のボタンからダウンロードしてください。

クロマチック練習①楽譜ダウンロード

この、基本のクロマチック練習の参考音源は以下の三角ボタンから聴くことができます。

余力ができたらもう少し難しい、ポジション移動をともなうクロマチック練習にも挑戦してください。

こちらは上の動画のように、左手の動きがちょっと難しくなります。

クロマチック練習②楽譜ダウンロード

こちらの参考音源も、下の三角ボタンで聴くことができます。

クロマチック練習について1冊参考書をあげるとすると、キヨシ小林さんの「ウクレレ・メソッド」がおすすめです。

クロマチック練習以外にもさまざまな練習方法を網羅しており、読んだ人の評価も高い参考書です。

2022年2月現在、Amazonのレビューは135件あり、星4つとハイスコアです。

あの「ミズタマリ」の楽譜が掲載されているのも見逃せないポイントです。

アル・ディメオラの速弾きトレーニングフレーズ

速いフレーズを弾きたいけど指がついていかない、という時におすすめしたいのが、スーパーギタリスト、アル・ディメオラの速弾きフレーズです。

これは昔ギター雑誌の記事でディメオラが紹介していた、彼自身が毎日弾いているという「速弾きの練習フレーズ」を、ウクレレ向けに改変したものです。

このフレーズの狙いは2つあります。

  1. 右手はスケール練習
  2. 左手は速い弾き鍛錬

ウクレレなどの弦楽器で速いフレーズを弾く時は、右手だけでも左手だけでもだめで、両方の手がバランスよくスムーズに動く必要があります。

ディメオラの速弾きフレーズの狙いは、左手の指をスムーズに速く動かすことと、右手のピッキングを正確に行うことの2つ。この2つがバランスよく上達すると、今まで弾けなかった速いフレーズを弾くことができます。

ディメオラの基礎練フレーズ

アル・ディメオラの速弾きトレーニングフレーズは上のボタンからダウンロードすることができます。また、音源は以下で再生できます。

基礎練習代わりの部分練習で課題を克服する

のりこ先生によると練習中の曲の難しい部分を繰り返し練習する「部分練習」も基礎練習と似た効果があるそうです。

「退屈な基礎練習は嫌だ」という場合、ちょっと自分の手には負えない憧れの楽曲を練習してみるのもおすすめです。楽曲の難しい部分を繰り返し練習すると、苦手な奏法を克服することができます。

ネットで弾いてみたい楽曲を探すとしたら、8000曲以上の楽譜が見つかる以下の記事をオススメします。

この記事では27の楽譜ダウンロードサイトと、8200曲以上のウクレレ用無料楽譜を紹介しています。

きっと弾いてみたかった曲が見つかると思います。ぜひ、上の記事も読んでみてください。

部分練習をする時のポイント

部分練習は「今の自分にはちょっと難しい」という楽曲を練習することで、ウクレレの演奏技術をアップさせるものです。

このとき次のポイントを意識しておかないとかえって変な癖がつきやすいので、注意してください。

  1. 自分に弾けるゆっくりしたスピードから徐々にテンポを上げる
  2. できるだけメトロノームにあわせて練習する

「自分にはちょっと難しい」というレベルの楽曲は、リズムを考えずに練習してしまうと、テンポが一定しない演奏になってしまいます。

これがクセになり、やさしい部分は速く弾き、難しい部分はゆっくりになってしまう人が多いので、意識して「すべてをゆっくりしたテンポで弾く」練習をしてください。

難しいか所が弾けるようになったら、そのテンポで曲を通して演奏してみます。

簡単な部分もゆっくりのテンポで我慢して弾く……というのは意外と難しいのですが、ここを意識しておかないと等速感が身につきません。

hide
メトロノームを利用して、一定のテンポで練習できればベストです。

メトロノームはスマホアプリでもOKです。無料で広告もないおすすめアプリは次の2つです。

iOSビートノーム
Androidシンプルメトロノーム

いずれも機能は多くありませんが、メトロノームとして使うなら十分なアプリです。

他にもメトロノームアプリはたくさんありますので、いろいろ試してみるのも楽しいと思います。

難関フレーズを弾いてみる

ウクレレソロのスタイルにはいろいろなものがありますが、ここでは、誰もが一度は弾いてみたい「ジャカソロ」の入門用楽譜と、Dominic Pieranunzioさんのかっこいいアレンジが光る無料楽譜を紹介します。

「桃太郎」をジャカソロで

これまでジャカソロを練習したことがない人には、ジャカソロで日本一(?)有名な会社員のカドさんが無料で配布してくれている、桃太郎のジャカソロアレンジがおすすめです。

ジャカソロというのはコードとメロディーを同時に弾いてしまう方法で、ギターでも一応存在しているのですが、どちらかというとウクレレの専売特許的なイメージの奏法です。

ジャカソロは結構難しい奏法なので、初めて挑戦する人ならこの「桃太郎」がおすすめです。

hide
ジャカソロも弾けると楽しいですよ。

弾いてみたい曲だらけのドミさんのサイトで練習

個人的な超おすすめは、ドミさんことDominic Pieranunzioさんの楽譜ダウンロードサイトです。ちょっと難しいけどかっこいい楽譜を、無料で大公開してくれています。

おすすめすぎて結局は全曲おすすめなのですが、あえて1曲選ぶとしたらKa'au Crater Boysの「Guava Jam」です。楽譜ダウンロードは、画面をスクロールするとたくさん出てきます。

17小節目くらいから、けっこう難しくなりますが、そこが一番かっこいいので頑張りどころです。

まとめと基礎練のすすめ

ジェイク・シマブクロなど、たくさんのウクレレ奏者が「短時間でもいいから、毎日楽器に触ったほうがいいよ」と教えてくれています。どうしても30分や1時間の練習をする気力がわかない時、ここで紹介した基礎練習を5分だけ試してみてはどうでしょう?

Dのカノン進行をさらっと何度か弾いてみたり、半音階を弾き続けるクロマチック練習をしてみたり……。

5分なら負担にならないですし、気力がなくても練習できます。

hide
ちなみに、毎日練習するクセをつけるためのおすすめアイテムはウクレレスタンドです。
スタンドは激安よりも安定感重視で!

ウクレレスタンドに楽器を立て掛けておくと、いつでも手に取ることができます。「よし5分だけ基礎練習をやるか!」という気分になり、いつの間にかレベルアップすることができます。

簡易的なスタンドもたくさん市販されていますが、毎日立てておくとしたら写真のようなタイプ(ギタースタンドと同じ形)がおすすめです。

壁に釘を打てる部屋であれば、ウクレレハンガーもかなりいいですよ。

いろいろな工夫を通して、毎日少しずつウクレレに触れ、基礎練を続けてみてください。

hide
半年後、めちゃめちゃ弾けるようになった自分と出会えるのです。

  • この記事を書いた人

hide

なみのおと音楽教室を運営するアップライト合同会社のすちゃだら社長。高校の部活(ビッグバンドジャズ)でギターを始め、その後ウクレレに持ち替えました。記事監修はピアノ講師・のりこ先生にお願いしました。

-ウクレレ初心者, ステップアップ
-